生活習慣病で最も恐ろしいのは

様々な病気を併発したり、あるいは合併症を引き起こすおそれがあるのが生活習慣病です。高血圧から脳梗塞や脳出血といった脳卒中を、肥満や尿酸値が高い場合には高尿酸血症といった具合に、いろいろな病気を引き起こしてしまいます。逆に言えば、生活習慣を改善し生活習慣病にならずに健康に過ごすことが出来れば、医療にかかる必要もなく出費も抑えられるということになります。
生活習慣を改めるためには、運動、休養、食事の3つのライフスタイルの改善が必要不可欠です。特に運動と食事は重要で、国、厚生労働省が策定した健康日本21でも、それぞれ目標となる数値などを決めているところです。こうしたものも1度目を通すなどして、自らの健康づくりや健康維持に役立てていく、こうした意識づくりが大切となるでしょう。
生活習慣の改善はたとえば一つの項目がよくなれば、他の数値もよくなる傾向にあるとされます。肥満の解消が図られれば、血圧の数値もよくなり、痛風の原因となる尿酸値もよくなる傾向が現れるほかにも、血糖値もよくなるといった具合に、色々な数値が健康な正常値に近くなっていきます。そのため、生活習慣の改善と健康は密接な関わりがあると言えるものです。逆に、生活習慣が悪ければ、色々な病気を併発してしまい、治療にも相応に時間がかかることでしょう。最悪の場合は脳卒中や心筋梗塞などの生死に関わるような事態を引き起こすおそれがないとは言えません。健康診断等で指摘があれば、その改善のために何が出来るのか、かかりつけ医などを持って定期的に治療を行うことも重要でしょうし、食生活の改善や運動習慣の改善で、常に健康を維持していく努力も求められるところです。

●胃酸過多の改善に!
ネキシウム
●胃の調子を整えましょう
胃腸薬