生活習慣と日光浴と生理中について

適度な日光浴をすることで、健康には良い効果があると言われています。とかく現代人は太陽に対して警戒もしがちですが、過剰な日焼けは良くはないにしろ、程よい日光浴が良いというのは噂だっけではありません。太陽光が皮膚にさらされることにより、体内ではビタミンDが生産されます。日光浴をすることで、太陽ビタミンでもあるビタミンDが手に入ることになります。そんなビタミンDには、長寿の効果が期待できます。免疫システムをサポートして、呼吸器感染症を予防したり、心臓病や血管機能を改善したり、炎症も抑えてくれます。抗ガン作用も期待ができたりと、有益な働きがあるのがビタミンDです。

万年ダイエッターも珍しくはない女性のダイエットは、ある意味永遠の課題かもしれません。ダイエットをするにしても、タイミングが大事です。生理中は女性の体は不安定になりがちです。ですから生理前から、生理中にかけては、高いダイエット効果は期待はしないようがいいです。これはホルモンのバランスも関係していて、生理中は逆に太りやすくなります。生理が近づくと食べたくて仕方なくなり、体重が少し増えるのはよくあるパターンです。ですが生理が終わると、だんだんと心も体も落ち着いてきて、体重も戻ります。ダイエットをするなら、タイミングは生理がしっかりと終わってからです。

ダイエットをするためには、生活習慣に少し気を使って実践することで、成果を手に入れやすくなります。生活習慣は染み付いたものですから、すぐには変えられません。ですがダイエット期間だけ、痩せる生活習慣に切り替えようとすれば、期間限定で案外頑張れるものです。その期間だけは20時以降は食べないとか、バスタイムはシャワーだけで済まさないとか、簡単なことでいいのです。